2017年8月6日日曜日

鎌倉彫 ~手鏡(牡丹)④~

牡丹の手鏡が、漆塗りを終えて手元に返ってきました。



先生が最後に手直しをしてくださったおかげで、素敵に仕上がりました。

この牡丹の手鏡の前に彫った椿の手鏡も、同時に返ってきました。

これは自分が初めて彫った作品です。



とりあえず、まだ手鏡としては使用せず、どこかに飾ろうと思います。



2017年8月4日金曜日

イワシのぬかみそ炊き

『ひかりの魔女』(山本甲士・著)に出てくる“イワシのぬかみそ炊き”が美味しそうだったので、自分でも作ってみました。

イワシのぬかみそ炊きは北九州地方の郷土料理なのですね。


圧力鍋で骨まで柔らかくできました。

味はまだまだ改善できそう・・・。

また作ってみようと思います!

IKEAでお買い物

ポスターとフレーム。



ポスターは2点セットで400円。

ゴールドのフレームに入れて、早速部屋に飾りました。

布団圧縮袋。


2サイズ(130×100cm、100×67cm)あったので、それぞれ2つずつ買いました。

大きい方は掛け布団、小さい方には毛布を入れて圧縮。

圧縮したおかげで押し入れの中がスッキリ整理できました。


IKEAはただ見て歩くだけでも楽しいので、また行きたいです。



2017年8月3日木曜日

うなぎ小暮や

千葉県我孫子市にある「うなぎ小暮や」。

ずっと気になっていたこのお店に、ついに訪問です。

駐車場は6台分。

混み合っていましたが、タイミングよく駐車することができました。

噂どおり人気店のようで、出入り口には数人のお客さんが待っています。

一度お店の中に入り、名前を告げて予約しました。

鰻がなくなり次第終了とのことですが、ギリギリセーフだったようです。

順番がきて、お店の奥の小上がりに案内されました。

店内は清潔感があって綺麗です。

うな重(肝吸・新香付)2,900円を注文。

ネット情報によると、こちらのお店では注文を受けてから鰻をさばくそうで、少し待ちの時間があります。

うな重を待つ間、食べ終えたお客さんが帰っていくのを何組も見ていたのですが、お店の方に「美味しかったよ!」とお礼を言う方が多かったです。

ますます期待は高まります。

しばらくして、うな重が届きました。


鰻はふっくら柔らかく、タレも甘すぎず、本当に美味しいです。

個人的にご飯が少なめだと感じたので、ご飯大盛りでも良かったかもしれません。

無我夢中で食べました。

食べ終えたときの幸福感。

あぁ~・・・また食べに行きたいです。

ごちそうさまでした。






ジャンル:うなぎ
アクセス:JR常磐線天王台駅南口 徒歩3分
住所:〒270-1143 千葉県我孫子市天王台4-2-22(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 我孫子×うなぎ

2017年7月31日月曜日

おはぎ

ふと思い立って、おはぎを作ることにしました。

まずはあんこ作り。

一晩水に浸したあずきを、鍋に入れて1時間程煮込みます。

和三蜜糖と塩を加えて、さらにぐつぐつ。

冷まして、あんこは出来上がり!

ご飯は、もち米がなかったので、うるち米ともち麦で作りました。

めん棒でご飯の粒をつぶし、ちょうどいい具合になったらこれを丸めます。

丸めたご飯をあんこで包んで、おはぎ完成!

美味しく出来て良かったです(^^*



2017年7月24日月曜日

ひかりの魔女

山本甲士さんの『ひかりの魔女』。


知人が読んだ後、いただいたので早速読んでみました。

物語に登場するのは、優しくて、お料理が上手な素敵なおばあちゃん。

おばあちゃんがいることで、周りの人たちが次々と幸せになっていきます。

物語を読んでいると、あたたかな気持ちになり、いつの間にか自分もおばあちゃんのファンのひとりに。

こんな人になれたら・・・と憧れます。

2017年7月4日火曜日

ツマグロヒョウモンの性別

羽化後、羽を乾かすため、じっと動かなかったツマグロヒョウモン。

朝から数時間が経ち様子を見に行ったところ、ビオラの鉢にその姿がありません。

周りを見渡すと、近くに植えてあるシマトネリコの枝にとまっていました。

そこからヒラヒラと飛んで、オリーブの木の枝へ。


枝にとまったまま、しばらく羽をパタパタ動かしていました。

video

ツマグロヒョウモンのこの模様はメスですね。

性別が気になっていたので、分かって嬉しかったです。


この後、庭の中をヒラヒラと1周し、遠くの方へ飛んでいきました。

巣立ちを見届けることが出来てよかったです。